美容外科で働く看護師は自分が広告塔になる可能性も!

会員登録 ログイン
メニュー
#284 2018/04/16UP
美容外科で働く看護師は自分が広告塔になる可能性も!
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師の間でも人気の高まっている美容外科。そんな美容外科で働く場合、自分が広告塔になることもあるかもしれません。そんな実情をご紹介します。

美容外科ってどんなところ?

看護師の転職先として人気の高まってきている美容外科は、一般科のある総合病院やクリニックとはすこし働き方が異なります。

美容外科というところは、美を追求する女性が訪れて施術を希望したり、自分のコンプレックスを改善するために悩みを持ちながらも勇気を振り絞って来院する場所。そのため完全予約制でプライベートがしっかり保たれているというところがほとんどです。また訪れる患者は女性が多いことから、その美容外科の内装や空間は柔らかく、そしてゴージャスに演出されていることも少なくありません。

美容外科の看護師に求められること

そんな美容外科で働く看護師に求められることが、やはり美なのです。美というのは外見の美しさだけではありません。患者が美容外科を訪れた時の接遇や受付の立ち振る舞い、そのようなことも重要視されるのです。

それは当然患者からの評価につながるから。美容外科というところは、自分を変えたい、きれいを目指したいという人が訪れる場所なので、受付の対応が悪い、看護師の身だしなみがきちんとしていないという場合には、非常に評価が下がるのです。当然ですね。きれいになりたい人が来る場所なのに、そこで接する看護師の対応が悪かったら、美容外科の説得力がかけてしまいます。

そのため美容外科の看護師というのは、自分がこのクリニックの看板を背負っている、また自分が広告塔になっているということを自覚しておかなければいけないのです。そのように自覚しておくことで、自然と受付対応の良くなりますし、患者への対応も気を付けるようになるのです。

美容外科の看護師は整形をしている?

また患者の目線から看護師をみると、この人も整形しているのかな?ということが一番の関心ごとである場合が…。患者にとって、美容整形をするのはとても興味があることだけれど、実際に施術をするまでは不安がいっぱいということも多いのです。そのためまずはカウンセリングで身近な看護師に、実体験を聞くことができたら、そこで不安の解消にもつながるのですね。

実際に美容外科で働く看護師は、何らかの施術を受けていることは少なくありません。大きな整形はしていなくても、例えばほくろ除去やボトックス、またヒアルロンなどの注入など綺麗になるために行っていることもあるのですね。つまり看護師は患者に実体験を説明することもできるのです。

美容外科の看護師は自分が広告塔になることを意識して働こう

ただし、すべての美容外科で働く看護師が整形をしているかというと、そうではありません。自然美の看護師だって多いのです。ただ美容外科に就職や転職をした時には、患者から見られているということを意識して接することが重要だと考えます。

まとめ

美容外科というのは、看護師の勤務場所としても人気の高い場所ですが、すこし一般病院とは働き方が異なるようです。是非病院選びの際には参考にしてみてください。

看護師の求人。病院の雰囲気を動画で確認!ミスマッチを防ぎます

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop