非常勤看護師の求人のメリットとデメリットとは

会員登録 ログイン
メニュー
#348 2018/06/18UP
非常勤看護師の求人のメリットとデメリットとは
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

非常勤看護師への転職を希望する看護師が増加しているというのです。そのため、当記事では、非常勤看護師のメリットとデメリットについて触れていきます。

非常勤看護師とは?

看護師のなかでも、通常の雇用形態ではなく、パートのような勤務時間で勤務する看護師のことを、非常勤看護師と呼びます。
非常勤看護師の募集を見て応募する際には、応募側が要求している技能について、自己がどの程度の水準を満たしているかが重要といえます。その理由は、ほぼ全てといっても過言ではないほどに、非常勤看護師であろうとも即戦力を要求しているからなのです。よって、看護師の経験者であれば、転職するに際して、非常勤看護師であろうとも優勢に作用します。

正規雇用における勤務時間で就業することが困難であったり、自己の働く頻度で都合に合わせて就職したいのであれば、パートが適しています。
その職務の内容自体については、正規雇用と異なるところはなく、病院勤務の際には、入院患者や外来患者などに対してケアを実施していきます。外来患者の場合には、医師の補助のもとで患者に応対していくことが通常です。このような職務が非常勤看護師がこなすものとなっており、ほとんど正看護師と異なるところはありません。

パートであれば、時給制であることが一般的なのですが、非常勤看護師においても時給制であろうと考えられます。ただ、採用先に応じて時給であるか否かは異なってきますし、時給額についても諸々のものが存在しています。よって、募集する際には確認しておかなければなりません。

現在、正看護師など、正規雇用ではあるものの、育児などでパートのほうが自己に適していると考えている看護師がいるのであれば、非常勤看護師における福利厚生などの待遇面についても徹底して調査しておきましょう。パートであれば、勤務時間が短いために、体力的にも精神的にも負担が軽くなることから、人によっては魅力の多い勤務形態といえます。
ただ、正規雇用と比較してしまうと、給与そのものが低くなる傾向があり、賞与などに期待できないことが多いので、待遇面については特に把握しておく必要があるといえます。

とはいっても、正看護師など勤務時間に支障を来すという人であれば、自己の要望する日時に勤務できることから、非常勤看護師という選択も考慮に入れておくと良いでしょう。正規雇用の看護師を充当する目的であれば、非常勤看護師の仕事もあるというべきです。

上記でも述べたように、非常勤看護師は、勤務時間が短時間であるために、育児や家事などと並行していきやすいことがメリットです。また、残業も課せられることがほぼないために時間的な意味合いでは大いに享受を得られるというべきです。

病院などに来訪する患者の数を想定することは、実現不可能であるために、大量の患者が訪れることが明らかな時期である冬季などについては、残業が当然という場合もあるかも知れません。ただ、非常勤看護師であれば、原則残業がないために、自己の都合を優先させて働けるのです。
そればかりか、時間外出勤についても設けられていないために、パートとして非常勤看護師の利点は大きく、現実に転職を考慮している看護師は相当数存在するものとされています。

まとめ

看護師におけるパートとして、非常勤看護師が存在します。待遇面については、正看護師などの正規雇用の看護師には劣るものの、自己の都合に合わせて勤務できることに大きな魅力があり、事実、非常勤看護師への転職を要望する人や、これに合わせて非常勤看護師の募集を大量にしている医療機関も増加傾向にあるとのことです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop