介護士として良い環境で働くには

会員登録 ログイン
メニュー
#203 2018/01/25UP
介護士として良い環境で働くには
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

介護士として長く働きたいなら老人ホームに関する情報を集めよう

長く働くには!?

今は体が自由に動く人でも、誰しも老後の心配はあるものです。
しかし、いざ入居することを考えるとお金の事や設備の事などで考えることはたくさんあり、わからないことも多いものです。学校や病院などの施設と違い、老人ホームなどの介護施設はお世話になったことがない人のほうが多いですから、どんなところかイメージしにくいということもあるものです。
ですから自分の老後のことを考えるという意味でも、自分が介護士となって老人ホームに就職してみて、良い老人ホームというのを見極めてみても良いでしょう。

有料老人ホーム選びのポイントはどういうところか、老人ホームへの入居の際に注意すべき点はどういうことなのかも、働いてみて知っていくと良いでしょう。

有料老人ホームも施設の充実さ、入居できる基準というのはそれぞれ異なりますから、老人ホームに関する情報、知識、口コミ、うんちくを調べておくと、これから先家族や自分の為にも勉強になるでしょう。昨今のニュースでは年金問題が取り出されていますが、年金などのお金のことに限らず老後の生活は誰しも不安なものです。一緒に暮らす人がいなくなった場合、家族に迷惑をかけたくないなどの理由で老人ホームを考える人も多いでしょう。

老人ホームに入るメリットは、やはり何かあったときに助けてもらえる、助け合えるということではないでしょうか。現在老人ホームを利用されているご家族の方の感想等などを聞いて自分が働く施設を選ばれるのもいいでしょう。また、都心では老人ホームが足りないという問題も今後出てくるでしょうから、在宅介護や訪問介護について知っておくのも良いです。訪問介護が普及すれば老人ホームに入居するだけの費用がないという人も助かるものです。

介護のサービス、仕事というのは地域の自治体や市役所などと連携して行うことも多いので、主婦の人も介護士として転職することによって地域との結びつきが深くなって良いでしょう。また、看護師の資格を持っている人であれば、福祉施設で働くにしても時給が高いことが多いので有利です。結婚や育児をきっかけに離職してしまった人も介護施設であれば家庭と両立できることも多いので、老人ホームに就職することでもう一度看護の資格を活かしてみても良いでしょう。

まとめ

自分の老後のことを考えるという意味でも老人ホームに就職して介護の現状を知るのも良いでしょう。自分の働きやすい施設と入居したい施設というのはリンクするものです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop