看護師は夜勤の仕事もおすすめ

会員登録 ログイン
メニュー
#202 2018/01/24UP
看護師は夜勤の仕事もおすすめ
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師としてマイペースで働きたいなら夜勤を選んでみると良いかも、、、

夜勤のメリット

仕事がしたくてインターネットのサイトを見ていると、様々なジャンルの職種の求人情報がたくさんあります。興味をひかれるものから魅力的に思うものまでさまざまですが、安定的な長期勤務を求める方、専門知識を習得したい方であれば、医療系の仕事に注目してみても良いでしょう。

看護師や医師の仕事であればすぐに資格を取得することはできませんし、専門的な学校に通わなければ資格を取得することができないので、いい仕事を見つけたからといって就職できないことも多いですが、医療関係の仕事も医療事務や医療施設でのお手伝い、また介護施設での仕事であれば国家資格が必要でないことも多いので、すぐに就職できるようなこともあるでしょう。

また、こうした補助的な仕事は以前医療関係の仕事をしていた人がパートなどに切り替えたい時などの転職先にするにも良いです。特に入院病棟のないクリニックであれば夜勤もないので育児中の人にもおすすめです。

看護師の求人サイトではこうした昼間勤務のみ、または夜勤のみの仕事も多く募集されているので、そうした条件で絞り込んで探してみると良いです。夜勤であれば時給も高いですから、昼間子供が保育園や学校に行っている間は休んで、夜に仕事をするというのも効率が良いものです。

夜子供たちが寝ている間は配偶者に子供の面倒を見てもらい、働くという人も多いものです。夜勤のメリットは時給の高さにありますから、短時間で高収入を得たい人にも都合が良いものでもあります。また、夜勤は昼間の勤務とは異なり外来患者がいないので楽だということもあります。

夜間に救急の患者が運ばれると不安ですが、急患を受け入れる病院でなければマイペースで働けるので夜勤のほうが精神的にも体的にも楽であることも多いです。

女性は昼と夜のリズムが乱れることによって体調不良にもなりやすいですが、夜勤も毎日ではなく1回勤務したら1日休みというようにすれば負担も少なくて良いです。夜勤に出ることによって昼間できなかった仕事や備品の管理ができたり、細かい仕事にも目が行き届くようなことがあるので、夜勤未経験の人は一度夜勤勤務で夜の病院の顔というのも知っておくと良いでしょう。

まとめ

夜勤というと眠気に耐えなければいけないので大変、というイメージもありますが、外来患者がないので意外とメリットも多いものです。

夜勤の5時の休憩は、看護師が化ける時間

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop