新卒で訪問看護は可能か?

会員登録 ログイン
メニュー
#305 2018/05/06UP
新卒で訪問看護は可能か?
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師は、どこの科でも働くことは可能です。みんな看護学生の時代から、将来はこの分野で…と夢を持って看護師になるはず。訪問看護は在宅に訪問し医療的ケアを実施します。果たして経験の少ない新人看護師は、訪問看護で働くことは可能なのでしょうか。

訪問看護が新卒にも務まる!?

現在、私たちは死にゆく場所を以前より選ぶことが出来るようになりました。在宅医療を実施している機関は、高齢者の数に対してまだまだ十分とはいえませんが、それでも病院ではなく、最後まで在宅で過ごしたいという人の希望を叶えるために、訪問看護を提供する機関も増えています。

訪問看護では、看護師が利用者の家を訪問し医師に指示された処置や看護ケアを実施していくことです。多くの場合は、看護師一人が自宅を訪れるので、何かあった場合には、自分で判断し対応する力が求められます。訪問看護師の要請が急務といわれながらも、臨床経験のない新人看護師が訪問看護の世界に入ることは可能なのでしょうか。

新人でも訪問看護師になる人はいる

看護学校時代には、地域医療や在宅医療という分野でも実習を行うので、訪問看護師に興味を持つ人も少なくありません。実際に新卒から訪問看護師になる人はそれほど多くないことから、あまり経験談を聞くことも出来ず、最後まで悩んで就職を決める新人もいますが、新人でも訪問看護師になることができます。

新人が訪問看護師になる難しさはどんなもの?

例えば、病棟に就職した場合、業務や処置、ケアなど繰り返し行うことができます。患者さんもたくさんいるので、自分が経験したいと思うこと、この技術はまだまだだなと思うことは、先輩看護師に声をかけてどんどん経験させてもらうことも可能でしょう。そうやって看護技術を磨くことが可能です。

訪問看護の場合は、毎日訪問する利用者もいれば、週1回の利用者もいます。また医療保険で介入し、点滴や褥瘡処置などが必要な患者もいれば、介護保険で介入し保清中心で訪問する目的の利用者もいます。そのため経験できる処置やケアが限られている場合があります。その点で、まったく初めての新人看護師が訪問看護を行っていくときに、その看護技術を経験する症例に差が出てきてしまうのです。

訪問看護ステーションは小規模であるからこそ教育が難しい

訪問看護ステーションは、常勤換算で2.5人のスタッフがいれば開設できることから、小規模のところも多く、スタッフ数が5、6人という場合もあります。ここに新人看護師が入るとどうなるでしょうか。はじめは、新人看護師とそれを教育する担当看護師が二人で行動します。

指導をしながらの訪問は、時間がかかることもありますし、教育する時間のために貴重なスタッフをとられることもあります。そのような訪問看護ステーションには、新人看護師の求人募集が出ることが少なく、多くの求人は転職者となっていることがほとんどなのです。

しかし裏返せば、大きな訪問看護ステーションであれば、新人看護師が就職することも可能なのです。それだけスタッフもいますし、新人看護師を養成する教育システムも整えているからです。やる気さえあれば新人看護師でも訪問看護の分野に就職することも可能です。

まとめ

新卒の時には、どこに就職しようか迷う人も多いでしょう。しかし今、需要の高まっている訪問看護の分野でも新卒を受け入れるところが出てきています。就職選びの際には参考にしてみてください。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop