転職をするなら2交代制か?3交代制か?

会員登録 ログイン
メニュー
#188 2018/01/10UP
転職をするなら2交代制か?3交代制か?
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

私はこれまで2交代制の病院と3交代制の病院でも勤務したことがあります。どちらの病院の時でも看護師によって、私は2交代制がいい!3交代制がいい!という人はいましたが、私はいまだにどちらの交代制がいいのか答えを出すことはできません。ただどちらにしてもメリット、デメリットがあるので、自分に合った方を選ぶといいのかな?と思います。そこで今回は、そんな2交代制と3交代制勤務のメリット、デメリットをご紹介していきたいと思います。

2交代制のメリットとは?

看護師の夜勤には72時間ルールというのがあります。夜勤専従看護師などはこのルールから外れますが、基本的に病棟で働く看護師はこの72時間以内でシフトを組みます。2交代制の場合は、勤務が16時半から始まり。翌日の朝9時ごろに終わるということが多いです。一回の夜勤勤務時間が長いので、回数にすると1ヶ月に4回程度になるでしょう。夜勤の回数が少ないというのが魅力的ですし、2回分の勤務が一緒になっているので、その分休みが多いというのがメリットです。

2交代制のデメリットは?

2交代制は勤務時間が長いので、途中で2~3時間の仮眠の時間があります。しかしとても忙しい時には、この仮眠すら取れないことも。勤務時間が長いので、忙しいとその時間が永遠に続いてしまうのではないかと疲労困憊になることもあるのですね。体の負担がかかることがデメリットの1つです。

3交代制のメリットとは?

3交代制のメリットは、どんなに勤務が忙しくても8~9時間で勤務交代が出来るということです。そのため体の疲労が2交代制勤務に比べると軽いことがメリットです。

また準夜勤務は夜勤手当が深夜手当に比べると安いです。収入を得たいと思ったら深夜勤務を増やすなどで調整すると給料アップを狙うこともできます。

3交代制のデメリットとは?

3交代制の場合は、準夜と深夜勤務を含めて月8回程度の夜勤回数になります。日勤の後に深夜勤務をしたりすこし勤務と勤務の間隔が短い時もあるのがデメリットの1つです。

ここまで見てきましたが、私が思うことは、子供がいる場合は、2交代制で夜勤回数が少ない方がメリットが多いです。反対に独身の間は、3交代制でどんどん稼いでいくといいのかなと思います。就職や転職をするときには、参考にしてみてください。

まとめ

看護師につきものなのは夜勤という働き方。2交代か3交代かのシフトは、仕事だけでなく日常生活にも大きな影響を与えます。そのため就職や転職をする際には、それぞれメリットやデメリットを考えて決める必要があります。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop