看護師が転職をする際には何年働いてからがベスト!?

会員登録 ログイン
メニュー
#152 2017/12/05UP
看護師が転職をする際には何年働いてからがベスト!?
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

転職を考えた時に思うことや不安になることはたくさんありますよね。まだまだ未熟なのに転職をしていいのか、現在の病院でもっと力をつけてから転職したほうがいいのではないだろうか、転職をするのに経験不足で採用してもらえる場所がないのではないか。では何年働いた状態に転職をするのが一番ベストになるのでしょうか?

ベストな年数

転職を経験した人であっても転職をメリットと考える人やデメリットと考える人がいますし、ベストであると考える年数は違っています。これらは表裏一体なので一概には言えないものの一般的に言われているのが「3年間は同じ場所で働いてから転職したほうがいい」というものです。これは転職先の病院施設を選ぶときに候補数が左右される年数であるようです。経験年数が長ければ長いほど転職先候補はたくさん存在しますし、給料に経験年数が加味される場所も少なくないので選択肢が広がりより希望にあった転職先を選ぶことができます。一方勤務年数が短いことは実務年数が短いことを示していますしわざわざ中途採用を選ぶよりは、新卒者を選択する方がよいと考える事業所も少なくないようです。

1、2年目の転職のデメリット

勤務年数が1.2年の人は転職ができないわけではないですがデメリットが多くあるということを忘れずにいましょう。同じ場所で働き続ける能力がないと捉えられてしまうこともありますし、即戦力を期待できるほどの能力をまだ身につけていないのではないかと思われることもあります。こういった在籍期間が短い状態での転職をする際には、転職先が研修や教育がしっかりと整っている場所を選ぶことをおすすめします。幅広くたくさんのことを吸収することができることをメリットとして捉えその面を前面に押していくことが必要になります。

勤務年数が少ない人へのアドバイス

では現在の職場での勤務年数が少ない状態でも転職を考えたほうがいいという場合はどのような内容の人なのでしょうか。一つ目には引越しによって自宅と勤務先が離れてしまい勤務時間がとても掛かってしまう人や通勤が困難になった人です。また、このまま勤務を続けていると体調を崩してしまい倒れてしまうと感じる人も転職を考えても良いのではないかと思います。

まとめ

在籍年数が長いことに越したことはないですし、人間関係のトラブル等は転職をしたからといって転職先でまた起きることがないというわけでもないものです。ですが、自身の健康や将来のことを見据えての転職の活動に早い遅いはないのではないかと思います。現状を変化する方法が本当に転職という方法しかないのかをしっかりと考えたうえで行う転職が、転職をする際の一番ベストな時期になるのではないでしょうか。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop