看護の仕事が自分に合っていないかもと悩んでいるあなたへ

会員登録 ログイン
メニュー
#488 2018/11/05UP
看護の仕事が自分に合っていないかもと悩んでいるあなたへ
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師という仕事をしていると、いろいろと不安やストレスも多くなり悩むこともあると思います。その際にどうすればいいのかをお伝えします。

まず大切なことは、現在勤務している病院や施設内で自分がやりたい分野の看護や医療がないか確認しましょう。あるようであれば配置転換をお願いしましょう。

ない場合には他院や他の施設を探すのですが、大切なことは自分にとって重要なポイント(勤務体制や時間、給料、やりたい科など)に関して妥協しないことですですが、そのあたりを詳しくみていきましょう。

悩んだ場合は現在の仕事に満足しているかを問いかける!

 

今勤務している病院や病棟が合わないかも?と考えていらっしゃる方は多いことと思います、その理由は人様々ですね。

  • 勤務体系
  • 勤務時間
  • 給与
  • 自宅から職場までの通勤時間
  • スタッフとの人間関係

など不満に思う点はきりがありません。しかし最も大切な点はこれです、

「あなたは自分の仕事にやりがいを感じていますか?」

この質問に正直に答えてみましょう、もしも答えが「ノー」である場合には現在の仕事を見直す時期だと思います。

毎日の慌ただしい仕事や生活に追われなかなか自分の気持ちを見つめ直す時間が取れないのが現実ですが、日常の忙しさに流されてしまっては心の中に「何かが足りない」という気持ちが残ったままです。時々立ち止まって自分がやりたいことが出来ているか、行きたい方向に向かっているかを確認するのはとても大切です。

配置転換、転職は難しいことではない

私達看護師を取り巻く就職状況は幸運なことに厳しいものではなく、自分のやりたい分野を選ぶことができます。

自分のやりたい分野で看護師の募集が見つからない、そのためにあまり好きな分野ではなくとも現在の仕事で働かなければならないということもありません。

それならば他科や他病棟への配置転換配置転換、転職しない手はないですね、本当に自分のやりたいことが出来るからです。

仕事を変えたいと思った時にまず確認すべきなのは、同じ病院や施設内で自分がやりたい科または病棟への配置転換が可能かどうかということです。

すでに病院のシステムに関して知識がありますので、ゼロから始めるよりもスムーズに希望の科または病棟へ転属させてもらうことが可能です。また友達も知り合いもいますので、より働きやすい環境と言えます。

残念なことに自分が希望する科または病棟が同じ病院または施設にない場合には、転職することをお勧めします。看護師の転職サイトはさまざまなものがあり常に募集を掲載していますので、インターネットのお陰で仕事を探すのはそれほど難しいことではなくなりました。

配置転換、転職で成功するポイント

他科や他病棟への配置転換配置転換、転職自体はそれほど難しいことではありません、しかしそれを成功させるためにはいくつかポイントがあります。

自分がやりたい分野か?
  1. 自分の能力が活かせる分野か?
  2. 希望する科や病院で働くことが出来る資格は取得しているか?
  3. 勤務体制、勤務時間は自分に合っているか?
  4. 給与体系は希望に沿っているか?
  5. その施設または病院が提供する福利厚生はどうか?
  6. 転職先の施設または病院は自宅から通いやすいか?
  7. あなたの希望を配置転換、転職先は受け入れてくれるか?
  8. 休日は確保できるか?
  9. 残業が多すぎる、または勤務外のカンファレンスや研修などは多すぎないか?
  10. 職場の人間関係はどうか?

上記の全てのポイントを満たしている必要はありません。完璧な職場というのは存在しないと言ってもいいでしょう。

しかしあなたにとって最も大切なポイントが複数あるはずですので、それに優先順位をつけ「これだけは譲れない」というポイントを満たす病院または施設を探しましょう。配置転換や転職の時には「これくらいなら妥協してもいい」と思われるかもしれませんが、これはあまり良くないと言えます。

長い目で見るとその妥協したポイントがネックとなり、長期的に勤務ができないという状況を招きかねないからです。そのためこれらのポイントを注意深く検討して、慎重に転職先を探すことが重要です。

他科や他病棟への配置転換の場合には、上記のほとんどの点はすでに知識がありますので有利だと言えます。

プライベートとのバランスも大事なポイント

ポイント8の「休日は確保できるか?」と9の「残業が多すぎる、または勤務外のカンファレンスや研修などは多すぎないか?」もとても大切なポイントですね。

仕事が忙しく家族との時間、自分のための時間が取れないようでは、結果的に精神的にも身体的にも潰れてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

家族のために、自分のために働いているのに仕事に全ての時間を取られるようになってしまう場合には、バーンアウトやうつ病などの危険性が出てきます。心も身体も健康でなければより良い看護もできませんね、患者様だけではなく私達は私達自身と家族の精神的・身体的健康にも注意を払わなければなりません。

また私達には看護や医療などに関して勉強する時間も必要です。どの職業でもそうですが、特に医療分野においては日々進歩する医療や看護の知識を得るために生涯学習することが求められます。それを考慮すれば、このように仕事に全ての時間を取られてしまう働き方は決して健康的なものではなく、やはり長期的に勤務ができないという状況を招く結果となってしまうからです。

人間関係でやめる人がほとんどの看護業界!


ここまでは面接で質問することで知ることができる事柄でしたが。問題となるのは

10の「職場の人間関係はどうか?」

ですね。

皆さんも経験があると思いますはがこれは正直働いてみなければ分からないと言えます。表面的にはうまくやっているように見えても、陰でいじめられている、または相手にされていない人がいたりするものです。これに関しては面接の際に病棟を見学させてもらうことで、スタッフと彼ら、彼女達の働き方を少しであっても知ることができます。

その際にはナースステーションの雰囲気を注意深く観察しましょう、特にスタッフ同士がコミュニケーションを取っている際の観察が大切です。看護師は基本的には観察は得意なはずですので、職場の人間関係をできるだけ嗅ぎ取るよう努力してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?配置転換、転職は難しくはないものですが、10の重要なポイントがありました。

  • 自分の能力が活かせる分野か?
  • 希望する科や病院で働くことが出来る資格は取得しているか?
  • 勤務体制、勤務時間は自分に合っているか?
  • 給与体系は希望に沿っているか?
  • その施設または病院が提供する福利厚生はどうか?
  • 転職先の施設または病院は自宅から通いやすいか?
  • あなたの希望を配置転換、転職先は受け入れてくれるか?
  • 休日は確保できるか?
  • 残業が多すぎる、または勤務外のカンファレンスや研修などは多すぎないか?
  • 職場の人間関係はどうか?

これらのポイントに優先順位をつけ、優先順位の高いポイントを満たす病院を慎重に探すようにしましょう。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop