看護師の中でのスペシャリスト、またそれ以外で併用した方がいい資格とは?

会員登録 ログイン
メニュー
#505 2018/11/22UP
看護師の中でのスペシャリスト、またそれ以外で併用した方がいい資格とは?
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師以外の資格取得を目指す人の理由はさまざまです。 特定の分野に興味を持ち、もっと知識や技術を深めたい人、

臨床の現場とは違った場所で活躍してみたい人など「スペシャリスト」を目指す看護師さんは多いです。

さらなるスキルアップを目指すことは、素晴らしいことです。 また、看護師として就業する場所は病院だけに限らないので、 看護師以外に活躍の場を広げたい方に有利な資格を紹介します。

看護師以外の資格はさまざまある!


看護師以外の資格取得を目指す人の理由はさまざまです。

  • 特定の分野に興味を持ち、もっと知識や技術を深めたい人、
  • 臨床の現場とは違った場所で活躍してみたい人

など「スペシャリスト」を目指す看護師さんは多いです。

さらなるスキルアップを目指すことは、素晴らしいことです。

また、看護師として就業する場所は病院だけに限らないので、看護師以外に活躍の場を広げたい方に有利な資格を紹介します。認定看護師・専門看護師があり、ともに特定の看護分野のスペシャリストです。

これらの資格保有者は、現場全体の指導や教育、相談など、統括的な立場で活躍することが多いです。専門・認定の資格を十分に活かせる職場が少ないですが、今後は重要視される傾向にあり、資格取得を積極的に応援してくれる病院も増えてくるでしょう。

しかし、

  • 認定・専門取得研修に行くためには、仕事を休職しなければなりません。
  • 所定の検定料や授業料などのまとまったお金も必要になります。
  • なにより入学試験・認定試験などかなり難易度の高い内容となっていて、自分自身の強い意思が必要になります。

病院側の推薦状が必要なこともあるので、資格取得支援の体制が整っている病院で
知識や技術を習得し、十分実績を積んでいくといいでしょう。不明な点があれば問い合わせてみることです。

それと、心機一転、気持ちも新たに転職した病院で働くなら、明るくきれいな所で働きたいなど病院の雰囲気が知りたい場合や、応募する病院について詳しく知るには、自分の目で確かめる!これが一番大切です。

知識を広げ看護師の仕事に深みを増したい方には「心理カウンセラー」「メディカルトレーナー」「生活習慣病予防士」などのような医療系資格がお勧めです。

これらの資格を取得し、レベルアップされる看護師さんが増えています。

最近では看護師として働きながら、アロマセラピストやカラーコーディネーターなどの勉強をされる方もいます。

違う分野の勉強をすることで、リフレッシュやストレス解消につながるからです。

また、看護以外の知識を増やすことで、感性や視野が広がって、看護の仕事にも深みが増すでしょう。

将来何かしらの資格を取りたい方は、転職を希望する病院に資格取得に向けての協力体制や、資格取得後の活躍場所があるかどうか情報収集をする必要があります。
資格を持っていると「これからこんな仕事がしたい」という意欲を面接担当者にアピールできます。

転職を有利にするため、みなさん頑張りましょう。

看護師の求人。病院の雰囲気を動画で確認!ミスマッチを防ぎます

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop