就職・転職に不安を抱えている看護師へ

会員登録 ログイン
メニュー
#455 2018/10/03UP
就職・転職に不安を抱えている看護師へ
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

就職・転職に対し、不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。そんな方に、私の就職・転職体験談をお伝え出来たらと思い、筆を取りました。

就職から退職

私は、看護大学を卒業後、公立病院に就職しました。就職時は、配属されたのは血液内科病棟。患者さんの年齢も様々で、お亡くなりになる方も多い病棟でした。そこでは新人に対しプライマリー制度が取られており、私にもプライマリーがつきました。5~6歳上の、女性看護師でした。

残念なことに、そのプライマリーとの相性が悪く。ミスをした場合には、深夜2時まで反省文を書かされたり。「大卒のくせに」「私より給料高いのに、仕事が出来ないのね」等言われるなど、事あるごとにいじめとも受け取れる対応が続きました。

今となっては、「あの先輩はおかしい」と考えることが出来ますが、当時は「私が仕事が出来ないのがいけない」「私はバカだ」と自分を責め、追い詰めてしまいました。その結果、体重も入職時から8キロ減り、出勤時に涙が止まらない状態になってしまいました。心療内科を受信し「うつ」と診断され。しばらくお休みを頂きましたが、看護師に戻ることが怖くなってしまい、そのまま退職をしました。病気の診断書を出した時の、主任の冷たい視線は今も忘れません。

退職~人生迷子

退職してからは、うつの治療に努めました。しかし、「看護師を辞めてしまった、これからどうしよう」「社会人失格だ」という思いが頭をグルグルと回り。心療内科の先生が「まだ休んだ方が良い」と言う中、不安と焦燥から別の大学を再受験したり、アルバイトをしてみたりと、落ち着きませんでした。しかし、病気の波がまだある中であったため、調子が悪くなると大学もバイトも行くことが出来ず。その事で更に自分を責める日が続きました。

そんな中、主治医から「近所のクリニックで、看護師を募集している。僕が話を通すから、週1で働かないか」と声を掛けて頂きました。正直、看護師を脱落した自分が、その募集に応募して良いものか、とても悩みました。しかし、主治医の勧めもあり、そのクリニックで週1のアルバイトを始めました。バイト先のクリニックには、既に看護師が1人いました。その方に指導を受けながら業務につきました。その看護師は、今まで出逢った看護師とは違い、とても優しい方でした。忙しい中、技術指導もしてくださり、わからないことは丁寧に説明してくださいました。また、看護以外のスタッフさんも、週1で来ているリハビリ出勤の私に嫌な顔1つせず。むしろ、飲み会に誘って頂いたりと、温かく仲間として迎えてくださいました。新卒で入職した病院とは180°違う温かい対応に感動。看護師も悪くないかと思い始めたきっかけでした。

精神科へ

看護師も悪くないかと思い始めたところ、主治医より「知人が精神科で師長をやっている。話を通すから、そこで看護師復帰してみないか」と話を頂きました。フルタイムでの看護師復帰は不安もありましたが、このままではいけないと思い、復帰に踏み切りました。

再就職先は精神科であり、あまり忙しくなかったのも良かったのかもしれません。必要とされる看護技術も少なく、歳上のスタッフが殆どであり、未熟な私が入職したことを嫌がりもせず、可愛がってくださいました。以前のようにいじめるスタッフもいない環境。師長さんも病み上がりの自分を気遣ってくださり、ゆっくりゆっくりではありますが、「また看護師が出来るかも。社会人になれるかも」という自信が持てるようになりました。

転職

精神科で合計4年間勤務しました。勤務していく中では色々トラブルもありましたが、4年も勤務が出来たことに喜びを感じていました。しかし、精神科であったため、必要とされる看護技術は少なく。慣れてくるにつれ、「自分は、今後精神科しか転職出来ないのではないか。他の科で使えない看護師になってしまうのではないか」という不安を感じるようになりました。そのため、転職を考えるようになっていきました。
ある日、転職を考えていることを知人に報告。すると、「研修が多いと言われている病院が、求人を出している。知り合いがそこで働いているから、そこに応募してみないか」とアドバイスがあり。精神科から離れることに不安もありましたが、その求人に応募。採用されることとなり、2回目の転職をすることになりました。

現在

現在、内科病棟で4年目を迎えます。現在の職場では、優しくて楽しいスタッフに囲まれ、楽しく仕事ができています。看護技術の未熟さが心配でしたが、転職時にそのことを公言。色んなスタッフから指導を仰ぐようにしたところ、皆さんが快く教えてくださいました。新卒で入職した病院と比べ、皆さんが優しく教えてくれることに、感動しました。

最後に

新卒で入職した病院を辞めた時は、人生どうなるのか不安でいっぱいでした。ですが、周囲の人の助けもあり、なんとか今は内科の看護師として勤務することが出来ています。最初に入職した病院が自分に合っていれば問題ないと思いますが、無理してずっと勤めなければいけないことはありません。病院は沢山あります。合わないと思ったら、別の病院を探すのも必要な事だと思います。看護師はバイトの募集も多いので、そういうものを利用して、職場の環境を探っていくのも方法かもしれません。

私の場合は、出逢った方々に助けられてきて、ここまでやってこれました。偶然によるものが大きいかもしれません。そんな偶然に頼った私の話は、皆様の参考にはならないかもしれませんが、少しでも力になったら幸いです。皆様の就職・転職が成功することを願っています。

まとめ

就職・転職した病院が合わなかったら、無理して続けない。病院は沢山あります。自分に合う病院を探していきましょう

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop