介護のキャリアアップに欠かせない「ケアマネージャー」

会員登録 ログイン
メニュー
#368 2018/07/08UP
介護のキャリアアップに欠かせない「ケアマネージャー」
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

キャリアアップが難しくて、離職率が多い介護職。そんな人たちにおすすめなのが「ケアマネージャー」への転職です。
なぜおすすめなのか、ポイントをあげてみました。

ケアマネの転職が有利な理由

介護職はキャリアアップが難しい仕事です

介護職は、キャリアアップが難しい仕事とされています。お給料も決して高くないので、せっかく就職しても他業種に転職してしまう人が多いんです。

介護職でキャリアアップを目指すならケアマネージャーがおすすめ

介護職でキャリアアップを目指すなら、「ケアマネージャー」です。実際に、私の周りでもケアマネージャーにステップアップした人はたくさんいます。

「プラン作成」でサポートするのがケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事は、介護を必要としている人の「生活プランを作成」してあげることです。

人と接するのが好きな人にこそおすすめ

高齢者の方にどのようなプランがあっているのか?この見極めは、家族や本人との綿密なコミュニケーションから汲み取るしかありません。だから、「人と接することが好き」というのは最低限の条件になると思います。無口だったり、無愛想な人には向いていませんね。

介護スタッフとの大きな違いは「介護しない」こと

一般の介護スタッフと違う点は「直接、介護しない」ことです。あくまでも、プラン作成が主な仕事なので、これは大きな違いですね。ただ、介護プランを作成するためには、介護の作業がどういうもか知っていなければなりません。だから、「介護士→ケアマネージャー」という流れが重要なんです。

体力に自信がなくなってきた人のキャリアアップにもおすすめ

前述したように、ケアマネージャーは直接高齢者の身体に触れて介護するスタッフではありません。だから、「体力に自信がなくなってきたから、ドロップアウトしようかな...」と、思っている介護士のキャリアアップにもおすすめです。ケアマネージャーは、年齢を重ねている人ほど良いプランを提供できますから、ベテランさんは是非検討してみてください。

ケアマネージャーになるためには試験合格が必須

ケアマネージャーになるのは一筋縄ではいきません。試験に合格しなければならないのです。その名も「介護支援専門員実務研修受講試験」!いかにも難しそうな名前ですよね。

試験は一年に一回のみ実施

介護支援専門員実務研修試験は、一年に一回しか実施されません。だから、本気でケアマネージャーになりたいなら、一年かけて勉強しなければならないのです。それは、非常に狭き門!大人になると、だんだん勉強は頭に入らなくなってきますが、みんな一生懸命勉強しています。

試験に合格するだけではケアマネージャーにはなれない!

狭き門をクリアして無事試験に合格したとしましょう。だけど、それだけではケアマネージャーにはなれません。ケアマネージャーになるためには、試験合格後に「介護支援専門員実務研修」を受けなければならないのです。その研修時間は87時間!結構な時間ですよね。この研修を休むことなく、全日程クリアしなければならないのです。

都道府県に申請

研修が終わったら、各都道府県に申請をします。そして、介護支援専門員証が発行され、晴れてケアマネージャーということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これを機に、皆さんもケアマネージャーを目指してみてください。そして、なるべく長く、介護業界に居てくださいね。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop