准看護師とは?看護師とどのように異なっているの?

会員登録 ログイン
メニュー
#321 2018/05/22UP
准看護師とは?看護師とどのように異なっているの?
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師には、正看護師と准看護師とが存在しており、正看護師のことを准看護師と称することが一般的となっています。准看護師であっても、看護師と同一視されることが少なくないようですが、言葉的にも実質的にも役割や待遇面などが違っているのです。また、資格取得の上でも、差異があるのですよ。

准看護師とは

准看護師の制度は、1951年からスタートされました。看護師の資格取得が困難であった時代のことです。看護師不足が懸念されていたために、設けられたのです。

前文のとおり、准看護師と看護師とでは、似たようなもので、どのような違いがあるかを誰しもが知らないことだと思われます。
しかし、法的観点からすれば、看護師と准看護師とは、保健師助産師看護師法によって、明確に定義づけられています。看護師と准看護師とでは、認定機関が異なっており、前者が厚生労働大臣によって免許を受けるのに対して、後者は各都道府県に属す知事によって免許を受けるものとされています。さらには、免許を認可する機関が異なっているほか、准看護師は医師や看護師などから指示を受けなければ業務を行えない旨も規定されているのです。

他方、待遇面からも明らかに異なっています。そうすると、就職や転職するに際しての求人情報からも明確な区分がなされているのです。

ただ、業務に際しては、さほど明確な差異がないことから、今後、看護師と准看護師との資格を同じくしようという風潮もあるようでした。この点、看護師自体の成り手が不足することが懸念されたために、留保となっているようです。

看護師と准看護師とが同じくされようとする風潮もあるにはあるのですが、近時では准看護師であっても職務の需要があるとされています。しかし、准看護師が医師や看護師などの国家資格を得ている者の看取のもとで業務に携わることができないことから、経営規模の小さい病院であれば、准看護師の採用が難しい場合もあるのです。

無論のこと、大規模な病院であれば、その限りではないものの、急遽対応を迫られるという状況下で対応できないこともあり得ることから、自ずと採用が限定されることとなります。これらを踏まえれば、求人数についても看護師と比較すれば多くはないと断言できるでしょう。

准看護師制度が策定されていた当時と比較しても、看護師になることは相当容易になってきており、現実としても増加傾向にありますが、准看護師の就業者数は軒並み減少しています。ただ、シングルマザーやこれまで看護業務に携わったことのない主婦などが成り手となっているようですね。

准看護師が就業する上では、情報を入念に収集し、求人している病院をなるべく早く探し当てることが喫緊の課題というべきです。この点から、インターネット上の求人サイトがオススメされます。

看護師向けの求人も顕著である近年では、准看護師であっても募集されている求人サイトも多々あります。それにインターネット上のサイトであることから、検索も容易であって、巧みな情報収集ができることでしょう。

さらには、当該サイトに登録することにより、新着求人など、より優位に情報収集できることが可能となります。また、メルマガなどの情報も自ら情報を先取するまでもなく、極めて容易に入手できることとなるでしょう。

まとめ

看護師不足を懸念して発足された准看護師ですが、現在のような看護師不足が懸念される状況にあっては、病院の規模を問わないのであれば、需要は高いといえます。この点でも情報収集が鍵となってくることは明らかです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop