介護業界は育児中の女性には再就職しやすい状況にあります。

会員登録 ログイン
メニュー
#267 2018/03/30UP
介護業界は育児中の女性には再就職しやすい状況にあります。
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

かつて介護士として勤務していて出産育児のために退職したけれども、子どもが大きくなって再就職したい場合に注目しておきたいことに関して説明します。

介護は今後最も就業しやすい職種になっていきます。

介護業界は常に求人倍率が高いことで有名で、どの職場においても人員不足に悩まされています。そのため現時点でも介護業界は就業しやすいのですが、今後は高齢化社会で介護を必要とする人がますます増えてくることから介護業界はさらに人員を必要とし、今ある業界の中では最も就業しやすい状況になってきます。なので就職や転職、あるいはいったん介護業界に携わっていたけれども諸事情で退職し、その後再就職しようと思った場合には介護業界を就業先として検討する機会も一度はあるものです。特に女性で独身時代は介護業界で勤務して結婚や出産のため退職したという場合、経験があるということから再就職先として介護業界を勧められることが多いです。子どものいる女性が介護業界に再就職する場合には、いくつか注目すべきことがあります。

勤務日や時間帯の都合かつくかどうかは重要です。

子どものいる女性にとっては仕事をすると同時に育児や家事を両立させていかなければいけないのですが、働くにあたって重要なのが勤務日や時間帯です。他の業種であれば都合よく勤務ができないという理由から子どものいる女性を実質上採用していないところも多いのですが、介護業界においては人員が不足していることから子どもがいても採用をしているところが多いです。勤務先にあたってはできれば子どものいる時間には家にいるようにしておきたいことから、デイサービスやホームヘルパーのような夜勤のないところを選んで働くのが適しています。また介護業界の勤務先は入浴や食事時、あるいは送迎時など特に忙しい時間帯があり、その時間帯のみを対象に勤務できることもあります。さらに子どもの在宅している土日や行事のある日などに休暇をもらえるなど、一定の配慮をしてくれる勤務先を探すことは非常に重要になってきます。

託児所がある勤務先を積極的に探すべきです。

介護の勤務先は福祉法人が運営しているところが多く、中には並行して保育園を運営しているところもあります。そのような勤務先の場合、系列の保育園に優先して入園できる可能性が高いですし、個別に託児所を設けている勤務先もあります。最近は出産後も仕事をする女性が増えていることから、保育園の数を増やしたりするなど対策が取られていますが、まだまだ待機児童が減らないことが大きな問題になっています。そのようなことから、保育園や託児所といった子どもを預けられるような施設を持っている介護業界の勤務先はとても貴重なものです。

介護業界は最も働きやすい業界になりつつあります。

このように子どものいる女性が介護業界に再就職するためには、育児や家事に支障が出ない範囲で勤務できそうなところを探すべきです。しかし近年は人員不足を解消するために積極的に子どものいる女性に就業してほしいということで、申し出があればきちんと勤務日や時間帯を調整したりすることはもちろん託児施設をきちんと設けるところが増えています。そのため今後は介護業界は子どものいる女性にとって最も働きやすい業界に1つになりつつあるのです。。

まとめ

現在介護業界は人員不足の解消のために子どもがいても働きやすい環境を整備している状態なので再就職先としてはおすすめできるものです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop