看護師は人気職種ではあるものの、相当厳しい職業な面も!

会員登録 ログイン
メニュー
#247 2018/03/10UP
看護師は人気職種ではあるものの、相当厳しい職業な面も!
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師はどのような時代であっても必要不可欠かつ憧れを持たれる職種ですよね。女児からしても将来就業したい職業の上位にランクインされているほどです。
不況ということもあってか、両親が娘になってほしい職種として首位に輝いているほどです。

看護師が人気のある理由とは

看護師は需要があり、それでいて人に貢献できる職業です。そして、手に職がつき高給であることやどのような時代であっても不変に就業できることが選ばれている理由でしょう。

冒頭で述べたように親に人気がある理由がこのようなことにあるといえます。

ただ、本当の意味で看護師が人気である根拠とは、小学生でもどのような仕事であるか理解しやすい、イメージしやすい点にあるといえるでしょう。

思っていたものとは全く違っていたということも

イメージと現実とは大きく乖離しているのが看護師という職業です。ますます医療の現場は細分化していき、高度かつ多種多様となっています。女児が考えている看護師とは相当乖離した業務をこなしている看護師がほとんどです。

看護師は高給であり、仕事が減少するようなこともないのですが、その反面、いくら好況であろうとも左右されないのです。そして、勤務する上で過酷な職場環境に加えて人間関係があるのが実情です。

皮肉なことに、上記の過酷さを看護師が就職前に実感することはあまりありません。就業した後で、このようなことは聞いていないと思ったり、看護師になったことを後悔する人も少なくないのです。

看護師を志願する際の年齢とは

大抵の場合、看護学校に入校する際に、看護師としての決意が求められます。高校生活を看護科で学習することを決定する時点は14歳ないし15歳、大学で学習することを決定する際には17歳ないし18歳ごろです。将来を左右する決断としては、相当幼いといえるでしょう。

女児からは若干ではあるものの、知識を得ているでしょうが、それでも将来なりたい職業とはあまり変わりありません。若いうちであればまだしも、看護師となり年齢が相当経過した段階で看護師となることを決断した人であれば、どのような意識であれば望ましいのでしょうか。

看護師に転職する際に持つべき意識とは

無論のこと、相当年齢が経過した段階で看護師を志望するのであれば、それ相応の知識もあることかと考えられます。そして、社会経験も積み看護師がどのように大変な職業であるかをご存知な人も多いことでしょう。

そのような場合であっても、女児同様な意識で看護師は到底務まるものとは考えられません。

人の役に立ちたいとか、看護師はやりがいのある職種であることを全面的に考え、あるいは前面に出すことはやめておいたほうがいいでしょう。

女児の将来の夢はもちろんのこと、中学生や高校生とは異なる、それ相当の社会経験がある際に看護師への転職を希望するのであれば、看護師という仕事を入念に見つめ直す必要性が生じるのです。

まとめ

子供の頃に看護師に憧れを抱いていても、実際に就職すれば、その現実にギャップを感じてしまいます。

転職する際には、社会経験を有していることでしょうから、看護師という職種に就職する覚悟を刻んでおきたいものです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop