訪問看護はこれまでの看護の経験が生かされる重要な分野

会員登録 ログイン
メニュー
#242 2018/03/05UP
訪問看護はこれまでの看護の経験が生かされる重要な分野
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師としての働き方に、病棟でもなく外来でもなく訪問看護という働き方があります。訪問看護とは利用する人も自宅に行き、看護を提供することです。一人で訪問することも多いので不安が多いという人もいますが、これまでの看護の経験が生かされるやりがいのある分野だといえます。今回はそんな訪問看護についてご紹介していきます。

訪問看護ステーションどんな職場?

私が現在就職しているところはクリニック内にある訪問看護ステーションです。私はここに来るまでに数回の転職を繰り返していますが、小児、成人、老人分野の病棟を一通り経験してきます。一緒に働く人の中には、小児は苦手という人もいますが、私はこれまでの知識を生かすことのできる職場でとてもやりがいがあると思っています。

しかし始めは、訪問?一人で?心細いし不安という気持ちも少なくありませんでした。現在転職活動中で訪問看護に興味を持っている人も少なくないでしょう。そこで今回は、訪問看護はどんな職場であるかということをご紹介していきたいと思います。

訪問は基本的に一人で。しかしすぐに誰かに相談できる体制も!

利用者の家に訪問するのは、特殊な場合を除き基本的に一人です。はじめの3ヶ月程度は、利用者のことがよく理解できていませんし、処置内容を確認するために指導者についてもらって訪問をしていましたね。それからだんだん慣れていき、独り立ちをするようになりました。

一人で訪問するようになり、あれ?これで良かったかしら?いつもの状態と違うけれど大丈夫かな?と思うことも少なくありませんでした。そのため始めはいつも不安が付きまとっていたものです。しかしながら、一人一人携帯を持たされていますし、何かあればすぐに事業所に連絡して確認をとる体制は整っているので、完全に一人で判断するということはありませんでした。その点は安心して働くことができましたね。

利用者は、小児から老人まで。幅広い知識が必要

訪問看護を行ってみて思ったことは、利用者が小児から老人までいるので、それぞれの年代の特性や病気、看護を理解しておく必要があるということです。また自分が知らないこともあるので、勉強が欠かせません。大変なことですが、これまでの知識を生かすこともできます。また分からないことは調べたり、研修にも参加させてもらうこともできるので、自分のスキルアップにもなるなと感じています。

また知識だけあっても不十分であり、それぞれの家庭環境を理解して上で、看護を提供することも必要。臨機応変に対応したり、機転を利かせるということも訪問看護をするうえでやりがいのあるところだと思います。

まとめ

訪問看護は難しいと思っていませんか?しかし実際に飛び込んでみるとやりがいのある、とても興味深い分野でした。是非、病院選びの際に参考にしてみてください。

看護師の求人。病院の雰囲気を動画で確認!ミスマッチを防ぎます

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop