看護師の資格は都会でも田舎でも活かせる場所はたくさんある

会員登録 ログイン
メニュー
#223 2018/02/14UP
看護師の資格は都会でも田舎でも活かせる場所はたくさんある
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師の資格を活かせる場所は医療施設以外の場所でもありますし、看護師の資格を持っているだけで役立つ就職先というのもあるものです。

看護師の仕事は都会と田舎で差がある

今、日本の景気が悪くて老後の生活を心配する人も多いと思います。そして消費税増しや物価の高騰で、都会に住みたくても住み続けられないようなことも心配されるものです。ですからそんな時にも強いのが医療関係の仕事です。

看護師であれば寮住まいできることで家賃を浮かせることもできるものです。ですが若いうちは都会に住んでいる人も、年を取るとのんびりと田舎で暮らしたいとも思う人もいるでしょう。

地方の良さ


田舎の良さというのは人と人とのつながりがあるということでもあります。特になかなか病院に通えない田舎であっても、近所付き合いがあれば異変にも気が付いてもらえることが多いですし、孤独死を避けられることもあるでしょう。ですから今まで都会で介護士や看護師の仕事をしてきた人であれば、田舎に行って直接医療にかかわる仕事に転職しなくても、こうした人と人とのつながりが感じられるような施設に転職してみても良いです。

地域のコミュニティーセンターや子育て支援センターでは医療関係に従事していたことが役に立ちますし、就職時も有利になることがあるものです。高齢者を支援するところや子供関係の施設というのは注意していても事故や怪我が起こりやすいものです。

そうした万が一の事態になった時に素早く適切に対応できるのは今まで介護の仕事や看護の仕事をしてきた人ですから、資格を持っていればありがたいと思われることもあるでしょう。医療関係の資格を取ったからといって必ずしも医療の施設で働かなければいけないということはないですから、活かせる仕事というのを見つけてみましょう。

若いうちは都会でその後地方もアリ

また、若いうちは都会の病院で働いて知識と経験を積み、歳をとったら田舎の病院や介護施設で働くというのも良いです。田舎は高度医療に対応していない病院も多いですが、アットホームで同じメンバーで長く続けられるような病院も多いものです。また、田舎ほど患者さんが顔見知りであったり、地域とのつながりも多く持てるものです。都会の病院で働くと高度医療にも携わりキャリアアップしていけるメリットがありますが、田舎の病院は地域性豊かでアットホームな環境で働けるというメリットがあるでしょう。働く病院によって看護師が行う業務も異なりますから、環境を変えることでまた違った看護師の仕事というのをすることもできるでしょう。

まとめ

自分は将来どのような働き方をしたいか、どのような看護師を目指すかによって就職先を選んでみても良いでしょう。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop