准看護師から正看護師になりたい人の転職方法

会員登録 ログイン
メニュー
#216 2018/02/07UP
准看護師から正看護師になりたい人の転職方法
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師には准看護師と正看護師がいますが、准看護師の中には、ある程度経験を積んで正看護師になりたいと思っている人も少なくありません。私の勤務していた病院では、そんな准看護師を応援する制度が整っていました。そんなスキルアップを目指す准看護師の転職の仕方をご紹介します。

准看護師と正看護師

病棟や外来で働く看護師の中には准看護師も正看護師もいますが、第3者の目から見ると、どの人が准看でどの人が正看なんて全く分かりません。しかしながら就職した病院で働く当人は、仕事の内容は同じなのに給料で大きな違いがあると、不満を持っていることが少なくありません。そのため准看である程度経験を積んだら、今度は正看になりたいと希望する人も多いのです。

准看から正看になるには?

准看から正看になるには、全日制や定時制の学校に通うという方法もありますが、一旦社会に出て准看として働いた人は、10年以上働いて通信制の学校に通う人が多いです。通信制といっても週末に学校に通ったり、スクーリングもあります。また実習などもこなさなくてはいけないため、働きながら正看になるというのは簡単ではありません。また病院側としてはスクーリングで抜けられると看護師の勤務数が少なくなるので、いい顔をされないこともあるのです。

准看から正看になることを支援してくれる病院もある

モチベーションは高くても、病院の理解と協力がなければ、なかなか実現することのない正看への道。しかし病院の中には正看になることを応援してくれるところもあるのですね。私の実際に働いていた病院は、准看の人もたくさんいたし、他の病院から転職してくる人もいました。そして経験を積んで病院の支援を受けながら正看になることを目指すのです。

在籍したままスクーリングのための休暇を得ることができる、また国家試験の前には、試験勉強のための休暇を取ることができるなど、独自の支援体制がありました。そのような病院だったので、准看で転職する人が多かったのです。

正看から准看に対する思い

病棟の雰囲気もありますが、正看で働いている人からすると正看の人数が増えることが大歓迎です。またモチベーションの高い人がいるということは、自分達への刺激にもなるので、良かったかな?また准看が休んでいるときに代わりに勤務が増えることも、給料に反映されるので、夜勤を代わって大変だと思うこともありませんでした。

看護師の職場というのは、人間関係や雰囲気も大切です。そこで病院が支援をしていると理解できているので、病棟でもみんなで応援しようという意識も芽生えていたのだと思います。

まとめ

地方で働いていると、まだまだ准看護師というのは少なくありません。しかし看護の質を上げるためにも、また看護師としての立場を確立するためにも准看から正看になることは大切なことだと思います。そこで准看の人は、スキルアップを支援してくる病院を選ぶと、より勉強しやすい環境を手に入れることもできますし、その後のスキルアップにもつながると考えます。

感動画では「准看護師」「正看護師」を目指す際に、サポートしてくれる病院さんをご紹介しております。

是非ともお問い合わせよりご連絡下さいませ。


 

群馬県の看護師の転職。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop