介護士をする際に、重要視すべきなのは待遇面

会員登録 ログイン
メニュー
#167 2017/12/20UP
介護士をする際に、重要視すべきなのは待遇面
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

介護士をする際に、どのような職場をするか検討する際に、楽であることを最重要視するあまりに結果として自身を追い込んでしまうこともままあり得ることなのです。

そのため、就職や転職するに際しては、楽であるか否かよりは、待遇面について入念な検討を行っておくことが望ましいのです。

希望する内容と介護

介護士をするに際して、どのようなことを希望されますか?体力的にきつい、辛い職場であるといわれている業界なのは事実ですが、楽であることを基準に選択することはあまり賢明ではありません。そのような考えのもとで就業先を検討していては、その場ではよくとも、実際に就職や転職をした後で、やりがいや充実感を得られず、すぐに職場を去るようなことが懸念されてしまいます。

ただ、そのようなことを述べつつも、体力が試される比重が大きいことから、心身への負担が過大でない施設に就業したほうがいいものの、結果として仕事が楽であることのみがメリットであれば、それは将来的にいい影響をもたらしません。

仕事をするに際しては、楽であるか否かよりも重要な点が存在することは明らかです。

重視すべき点

介護をする際に、重視すべき点は、楽であることを最重要視することが悪いこととはいい得ません。体力に自信がないのであれば、これは軽視すべきでもないのですが、仕事自体が楽であるか否かよりは、休日の多さや給与面で検討しておいたほうが総合的に、かつ結果的に心身は楽になるのです。

なぜなら、いくら仕事自体が楽であっても、休日なしであれば、相当辛いですよね?そこまで極端でなくても、1週間に1日休日があるのと、2日あるのとでは随分異なってきます。

また、職務自体が楽であっても給与が相当少ないのであれば、副業として介護士をしているような場合以外には、あまりメリットがないのではないでしょうか。当然ながら、メインの職種として介護士をやっていこうという人にとっては、いくら仕事が楽であっても、給与があまりないのでは、生活できませんから。そのために、給与と仕事内容とで均衡を保っていることを重視すべきなのです。

また、いくら楽であるからといっても、薄給であることから、生活が困窮する一方では何のために勤務しているかが分かりませんよね。

このような状況であればこそ、さらに心身を追い込むことになりかねないために、入念に職場選びを検討していきたいものです。そのために、介護の業界での待遇面の違いについても解説していきます。

待遇の大切さ

介護士をするに際して、どの程度の給与が支給されるか、どの程度の待遇が得られるか、また、転職や就業の時点では退職金のことについてまで頭が回らないことでしょうが、今後家庭を持つなどしたり、実績を積むとともに留意せざるを得なくなってくるのです。

そのために、介護士においては、どの程度の給与が支給されるかを事前に知っておきましょう。

まとめ

介護をするに際しては、楽であることを最重要視せず、むしろ楽でありたいならば、待遇面について目を向けましょう。

いくら仕事自体は楽であっても、休日の少なさや薄給であることで自身を苦しめることになりかねないのです。

そのために、仕事が楽であるか否かよりは、給与や退職金などの待遇面について入念な検討をするようにしましょう。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop