キャリアアップを目指し介護士が転職をする時に重要なこと

会員登録 ログイン
メニュー
#113 2017/10/19UP
キャリアアップを目指し介護士が転職をする時に重要なこと
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

日本における高齢者介護の問題は、大きな社会問題となっています。高齢者サービス業界の果たす役割はますます大きくなり、介護士求人採用は増加傾向にあり、就職や転職を考える人にとってはこの業界は売り手市場であるとも言えます。 介護業界の中でも自分の更なるスキルアップやキャリアアップを目指して転職を検討する人も少なくありません。自分のキャリアアップの為に転職を考える場合はどのような点が重要になるのでしょうか。

管理者を目指すなら制度の理解を!

介護士としてこの業界でのキャリアアップを目指すのであれば、運営を行う側の立場である施設長や管理者などに就くことも一つの目標になります。そのためには、まずは介護保険法の仕組みやサービスの種類、制度についてしかりと勉強して理解することが大切です。介護保険法の施行や定期的な改正により、介護サービスを提供してる事業所の形態は増え続けています。訪問介護や通所介護、短期入所などをはじめとする在宅介護サービス、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、老人保健施設などの入所系の施設、その他にも認知症の高齢者が日常生活を送れるグループホームや地域密着型の小規模多機能型居宅介護などその種類は非常に多岐にわたります。高齢者にとって有益な総合的な支援を提供するためにもこれらのサービスについて把握した上で、事業所としてのサービスを提供できることが管理者の資質としては必要不可欠なのです。

国家資格や経験を積む

また、介護士においては、国家資格である介護福祉士の取得は必須の目標でもあります。その他の専門職としては社会福祉士や介護支援専門員など様々な役職や資格もあり、キャリアアップを目指すのであれば長期的な計画としてこれらの資格取得を目指すことも重要です。また、転職の際にはどのような事業所形態のサービスについて学びたいか具体的な目標や目的を持つことも大切です。複数の事業所を運営している法人に転職すれば、長期的に働いていく中で事業所移動などにより、様々なサービス形態の事業所を経験する事も可能です。

まとめ

転職先の職場でどのようなキャリアを積んでどのような資格を取得していくのか、最終的にはどのような役職や役割を持って働きたいのかを長期的な計画の元で、具体的にイメージすることが大切です。これまでの経験を踏まえて自分がチャレンジしていきたいサービスが何であるかを考えることで、今後の自分に必要な経験がどのようなものかも見えてきます。それらを踏まえて転職活動を行い、面接の時やOJTなどで、自分の目標を具体的に話していくことも大切です。向上心や意欲を持って仕事をしている職員は、雇用する側にとっても貴重な戦力です。実際に積み重ねてきたキャリアの結果や仕事への取り組む姿勢で、新規事業所などの立ち上げの際に管理者候補などの立場で働けるチャンスを得られる場合もあるのです。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop