看護師が妊活をするさいのアドバイス

会員登録 ログイン
メニュー
#90 2017/09/26UP
看護師が妊活をするさいのアドバイス
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

忙しい仕事、不規則な仕事、あれ?いつ生理きたっけ?そぉいえば、結婚して何年?と、家庭の充実を忘れがちな今日この頃です。また自分たちより、身内の方が賑わい焦らされることがあります。妊活と言われても、何をどうするか分からず、困る看護師さんも居ることでしょう。 では、妊活必勝法をお伝えします。

すぐに効果を出したい

まず、基礎体温を3ヶ月程度続けてみましょう。そして、二層性で、排卵予測がつきそうであれば、何日周期かを割り出して、排卵日数日前から、タイミングをとりましょう。 もっと早く効果を求めたければ、産婦人科を訪ねて、不妊の原因究明が鍵です。 病院選びが重要で、成功率や、評判では、自分に効果が反映されないことがあります。 先生と合って、話をして、自分のフィーリングにあう病院を探しましょう。 評判で選んだ病院は二年通って200万以上落として不発、小規模病院でトータル15万、3ヶ月で妊娠を獲得しました。  

時間はまだあるよ

体質改善から如何ですか? 東洋医学で、気、血の巡りをよくすると、自然妊娠も近くなる、また、もしステップアップで治療を開始したとき、効果を得やすいことがあります。 漢方薬や、鍼灸院で、体の中から改善すると、妊娠した際の経過もお墨付きです。 一回の治療費は、私の知っている鍼灸院は、3000円でした。

どんな人にも心掛けて欲しいこと

看護師をしていると、多忙により、不規則、栄養の偏り、暴飲暴食が付きまといます。 女性ホルモンのゴールデンタイムは22時から2時と言われ、この時間の安静、休養は重要です。また、レトルト食品、インスタント食品、外食は、やはり卵子の質を悪くします。一汁三菜をめざし、和食がお勧めです。 体の冷えは、不妊のもとなので、生姜やシナモンなど、体を温める食品、湯船に浸かって芯から温まるを試してください。 私のお勧めは、毎日30分のウォーキングと、湯船に20分はつかる温活でした。

まとめ

理想通りにならないのが、仕事しながらの妊活です。 でも、まだまだ改善出来る部分に心当たりはありませんか? ストレスフリーで無理なく、一つでも好転出来れば、妊娠への第一歩です。 治療をどこまですすめるか、パートナーとの話し合いも大切です。 周囲の理解で叶えやすい妊活ですので、職場との話で働きやすく、治療しやすくもなることがあります。ぜひ、職場の協力を期待しましょう。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop