看護師の転職・就職は心がけを切り替えて挑め!

会員登録 ログイン
メニュー
#89 2017/09/25UP
看護師の転職・就職は心がけを切り替えて挑め!
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

介護士や看護師として働いるなかで、転職活動を思い立った転職活動を思い立ったさい、就職活動とは違う心構えを持つことが肝心です。

転職=即戦力を望まれる場合が多い

介護も医療も需要は高いことから求人募集は多く、類似の職場で働いた経験がある場合には採用されやすく、転職はしやすくなっています。 求人募集の中には未経験でも歓迎するものもよく見かけられるので、引く手あまたになっているという印象を受けるかもしれません。 しかし、就職するときのようにポテンシャル採用ではなく、基本的に現場で働く即戦力の人材を求めているのが中途採用枠であるのは他の業界と同じです。 そのため、客観的にすぐに戦力として働いてくれる人材だとわかる要素がないとあまり採用されません。募集が多くて初心者も募集対象にしているといっても、必ずしも資格を持っている介護士や看護師であれば誰でも採用しようとしているわけではないのです。自分の実力をアピールできるように考えた上で転職活動に臨むことが重要になります。  

経験と転職をする理由を整理する

転職を考える理由は人それぞれです。 家庭の事情や自分自身の心身の事情などをはじめ、今まで働いてきた事業所とは別のサービス形態の事業所で働きたいと考える場合もあります。自分の経験を踏まえて更なるスキルアップを望んだり、運営法人の理念に惹かれて転職を考える場合もあります。 いずれにせよ、需要の高いこの業界では、ある程度の経験があればなおさら、何かしらの求人に対して就職活動を行うと、採用される確率は高くなっていきます。しかしながら、新しい職場で自分が更なる飛躍を遂げるためにも、長期的に働いていくためにも自分が何を望んで転職するのか、新しい職場では何を目標にして働くのかを明確に整理しておくことが重要なのです。

自らの経験を整理する

これから新しい職場で新しいスキルを学んでいくという姿勢を持つことは大切ですが、それだけでなく、すぐにでも働けるスキルがあることをアピールするのが、採用を勝ち取るために肝心です。それまで働いてきた職場と転職先として希望している職場での、仕事の類似点と相違点を明確にして、自分の経験を生かせる部分と、これから学ばなければならない部分とを明確にすると、自分の特長を伝えやすくなります。そのためには転職先の仕事について十分な情報収集をすることが大切です。職場の知人を頼ってその職場で働いている人と話をする機会を見つけたり、エージェントに相談して情報を提供してもらったりすると現場の状況がよく理解できます。そのうえで自分の経験を生かせる部分を抜き出して自己PRをすると、人材としての魅力を伝えることが可能です。 これまで自分で磨いてきたスキルだけではカバーできない部分については、アルバイトなどで経験を補っておくと万全を期すことができます。就職活動のときとは異なるという意識を持って、専門的な見地から人材としての魅力を理解してもらえるように周到な準備をした上で転職に挑むと、望むような待遇で採用してもらうことが可能です。

まとめ

情報収集をすることでそれまでの職場で抱いてきた仕事や人間関係などについての問題も解決できる転職先になるのかどうかが分かってきます。。 一度で転職活動を終わりにするためにも転職先の吟味を慎重に行うことが大切です。自らをしっかりと分析して行きましょう。

北海道の看護師の転職。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop