介護施設は人間関係に気を付けよう!

会員登録 ログイン
メニュー
#59 2017/08/26UP
介護施設は人間関係に気を付けよう!
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

看護師が働く場所を選ぶときの条件は、結婚していたりすると日勤だけで夜勤がないほうがいいとか、ブランクがあるからなるべく医療処置がないほうがいいとか絞られてきます。
そうするとクリニックや、介護施設が条件に合いそうと思う場合が多いでしょう。
 
しかし、介護施設は、介護の方のほうが立場が上になるので、今までの病院での振る舞いでは、ギクシャクしてしまいます。今までの経験から介護施設での看護師の立場や役割を書いてみたいと思います。

介護施設のお仕事!

各介護施設での役割

介護施設には、特別養老ホームや老人保健施設、グループホームなどがありますが、いずれも夜勤があります。デイサービスやデイケアなどは、夜勤がなく利用者様は、4時すぎには家に帰られますので日勤だけです。
 
朝利用者様が家から到着して、車からの乗降を介助してデイルームまで誘導し手指の消毒を使用するか、手洗いをします。主に介護の方が中心ですが歩行状況をみながら介助します。
看護師はその後にバイタルを測り、健康状態を観察します。多くの方が疾患を持っているのでディは、在宅での健康状態のチェックする場でもあります又、利用者様が入浴できるかどうかを判断します。
入浴時に皮膚の状態を観察して、処置したり、受診の必要性も判断します。
軟膏を塗布するだけでなく、原疾患からいろいろな処置を必要とする方がいます。
看護師が、受診したほうがいいと思ったら、相談員に報告して、家族や医療機関に連絡してもらいます。その他にリハビリを担当します

介護施設での看護師の立場

介護の現場では、介護の方のほうが立場が上で指示を看護師のほうが受ける立場ですが、病院では、逆の立場なのでつい指示してしまうとうらまれることがあります。もちろん、全ての介護施設がそうでないのですが、介護の人のほうが多いのでいずらくなってしまう場合もあります。
 

介護施設での利点

また介護の現場は医療処置が少なく利用者様と接触する時間が長いので、看護の原点に戻れるという良いい点があるのですが、人間関係が難しいと感じる人が多いようです。
 
転職する場合には、色々情報収集を退職者や勤務している知り合いがいれば聞いてみるとか、いつも求人が出ている場合は、人の入れ替わりが多いと思うので特に注意したほうがいいと思います。
 
但し、介護施設では、接触する時間が長いので利用者様の笑顔から元気をいただけたり、感謝の言葉が多く、仕事をするやりがいになります。
看護の仕事に悩んだら、利用者様とレくに参加して、楽しい時間を過ごせる様工夫するのも仕事なので転職先に選らんでみてください。
できれば、急変のときの対処方法は再度勉強しておくと、なにかあったらどうしようと不安になることはないでしょう。

まとめ

介護施設での看護師の役割は今後ますます大切になってきます。そのなかで「よりよい職場環境をつくる」ためには、皆さん自身もしっかりと介護現場を把握する必要があります。
楽しく、やりがいのある施設にめぐりあうためには、何カ所か訪問されても良いかと思います。

 

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop