患者さんの前で緊張しないコツ

会員登録 ログイン
メニュー
#43 2016/06/06UP
患者さんの前で緊張しないコツ
更新情報を受け取る mail このエントリーをはてなブックマークに追加
mail

みなさんの中で患者さんへ医療行為を行う時や患者さんの家族に説明や電話連絡などする時顔には出ませんが内心毎回緊張していらっしゃる方も多いかと思います。どのようにすれば患者さんと良い関係を築くことができるのかをご紹介します。

挨拶の重要さ

良い関係を築くことができれば採血や点滴刺し等の医療行為も行いやすくなると思います。仕事をしている時いつもどのようにすれば患者さんと良い関係を築くことができるのか常に考えている方も多いと思います。
まずは基本的なことですが患者さん、その家族と顔を合せた際は必ず挨拶・コミュニケーションをとることです。コミュニケーションに関しては病気や治療のことでなくまずは他愛もない世間話などをすると良いです。
患者さんは病気や検査・治療のことや入院生活に対して不安や心配・緊張している方が多いです。なので他愛もない世間話などすると少し気が紛れるのか表情が柔らかくなったり笑顔が見られたりします。
家族に関しても同じです。家族の方にも信頼されることは大切です。家族にも声を掛け日頃からコミュニケーションをとっておくことで家族も医療職者に相談等しやすい環境を作ることができます。また何かあった時にコンタクトがとりやすく患者さんに関することで協力を求めることもできます。
以上のことで緊張しやすい看護師さん方も大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?これらのことを実行すればきっと患者さんの前での緊張も少しは和らぐかと思います。是非参考になればと思います。

こんな記事/動画も見られています

 

こちらの本が読まれています

意見をメールする 更新情報を受け取る

バックナンバー

 

【看護師お役立ちコラム】への応募・問合わせ

名前【必須】
電話番号
Eメール【必須】
Eメール(確認)【必須】
問合わせ・応募内容
【必須】

 

Facebook Twitter Google+ email
看護師の転職・求人。病院を動画で確認!ミスマッチを防ぎます Pagetop